グレバ(読み)ぐれば

デジタル大辞泉「グレバ」の解説

グレバ(gleba)

子実体内部胞子を形成する組織。また、スッポンタケなどにみられる、成熟した胞子が粘液化してになったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のグレバの言及

【スッポンタケ】より

…幼菌は爬虫類の卵に似た球塊で,直径4~5cm,表面は白。球塊(卵)を縦断すると外側から膜質の殻,厚いあめ色の寒天層,厚い暗緑色のグレバglebaとよぶ胞子をつくる組織,薄い膜質のかさ,圧縮された白い茎の順でおさまっている。この茎が卵の頂端を破って伸びだすときの形がカメが孵化(ふか)する形に似るので,スッポンタケと名づけられた。…

※「グレバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android