グリス(読み)ぐりす(英語表記)Juan Gris

日本大百科全書(ニッポニカ)「グリス」の解説

グリス
ぐりす
Juan Gris
(1887―1927)

スペイン画家。本名José Victoriano González。マドリード生まれ。美術工芸学校中退後、ユーゲント様式風の挿絵を描く。1906年パリに出てモンマルトルの丘の画室長屋「洗濯船」に住み、ピカソらのスペイン人画家や詩人、批評家を知る。雑誌に挿絵を描いたのち、10年から本格的に絵画に専念。ピカソ、ブラックの影響を受けたが、分析的キュビスムの時代においても、『ピカソの肖像』(1912)にみられるように、その緩やかな形態分析、落ち着いた画面構成、色彩の使い方において独得の個性を保った。12年の夏パピエ・コレの技法を採用、秋に第1回セクション・ドール展に参加後は、著述活動もするなど、総合的キュビスムの指導者の一人となった。この時代の代表作に『本、パイプ、コップのある静物』(1915)がある。しかし20年に健康を害し、27年、尿毒症のため早逝した。

 彼のキュビスムは、対象分析よりも色彩による画面構成に関心をもつ時代(1915~17)を経て、形態の抽象化をさらに進め、対象から出発して構成に至る分析的方法とは逆の、構成から出発して対象に至る方法、彼自身のことばによると「円筒形から瓶をつくる」方法で、重厚で静謐(せいひつ)、誠実さと詩情の漂う作品を達成した。『ギターと楽譜』(1926)にはその成果がみられる。

[神吉敬三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「グリス」の解説

グリス
Gris, Juan; José Vittoriano González

[生]1887.3.23. マドリード
[]1927.5.11. ブーローニュシュルセーヌ
スペインの画家。マドリードの美術学校に学び,1906年パリに出てピカソ,G.ブラック,G.アポリネールらと交わり,12年からキュビスム的絵画を描くようになる。アンデパンダン展に初出品,「セクシオン・ドール (黄金分割) 」のグループにも参加。 22年以来ブーローニュに定住,数年後病気で早逝。キュビスムの画家のなかでも,特に透明な物体を重ね合せたような構図特色

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「グリス」の解説

グリス

パリで活動した画家。スペインのマドリード生れ。本名ホセ・ビットリアノ・ゴンサレス。19歳の時パリに出,〈洗濯船〉に住む。1912年キュビスム運動に参加し,大きく単純な形体把握と厳格な建築的構成によって総合的キュビスムを推進した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「グリス」の解説

グリス(Juan Gris)

[1887~1927]スペインの画家。ピカソブラックらと交わり、キュビスム運動に参加。

グリス(grease)

グリース

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「グリス」の解説

グリス【Juan Gris】

1887‐1927
スペイン出身のキュビスムの画家。本名ゴンサレスJosé Victoriano González。生地マドリードでアールヌーボーの影響を受けた後,1906年パリに出て〈洗濯船〉に住む。10年,セザンヌやピカソの影響のもとに本格的に絵画の制作を開始する。〈セザンヌは1個の壜から円筒形を作ったが,私は円筒形から1個の壜を作る〉というように,彼の絵画は造形の理念から出発するもので,造形意識のうえでは抽象芸術に近い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「グリス」の解説

グリス

〘名〙 ⇒グリース

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のグリスの言及

【キュビスム】より

…ボークセルLouis Vauxcellesをはじめとする批評家たちはこの傾向をヨーロッパ美術の栄誉ある伝統を汚すものと非難したが,芸術運動の目的を社会改革におく象徴主義文学運動の後継者であるアポリネールやサルモンらがこれを弁護,支援し,積極的な運動に結束させた。キュビスムにはピカソ,ブラック,グリスらの〈洗濯船Bateau lavoir〉のグループと,画家ジャック・ビヨンJacques Villon(1875‐1963。本名Gaston Duchamp)を中心とする〈ピュトーPuteaux派〉(ビヨンの仕事場がパリ西郊のピュトーにあったため,こう呼ばれる)があり,前者がこの様式の美学的可能性を論理的に探究し深化させる一方,集団示威のような運動には無関心だったのに対し,運動としてのキュビスムの展開を担い,内外から多くの共鳴者を獲得したのは後者であった。…

※「グリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android