グミ科(読み)ぐみか

日本大百科全書(ニッポニカ)「グミ科」の解説

グミ科
ぐみか
[学] Elaeagnaceae

双子葉植物、離弁花類。落葉または常緑の低木、小高木または藤本(とうほん)。全体に赤褐色または銀白色の鱗状毛(りんじょうもう)がある。葉は単葉で全縁または刺(とげ)状の鋸歯(きょし)がある。花は両性または単性。花弁がなく、(がく)は筒状で4裂する。雄しべは普通は4本、萼筒の上部につく。雌しべ1本、子房は上位、基部から上向きにつく1個の胚珠(はいしゅ)をもつ。果実は堅果で肉質の萼筒に包まれて液果状。おもに北半球の温帯に分布し、350種ほど知られる。日本にはグミ属16種が分布する。

[山崎 敬 2019年11月20日]

 APG分類でもグミ科とされる。

[編集部 2019年11月20日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「グミ科」の解説

グミ科
グミか
Elaeagnaceae

双子葉植物ジンチョウゲ目の1科。北半球温帯に分布する常緑または落葉性の小低木ないし半つる性低木。3属約 50種があり,特に海岸やステップで目立つ。葉は互生または対生する。短枝が変じてとげとなることが多い。大きな特徴として,表皮,葉の両面,花序軸や花の各部の表面に独特の鱗片状の毛をもつ。この鱗片毛は銀白色または褐色をなす。花は両性または単性花で,萼筒 (→ ) は細い管状,先端は4裂する。花弁はなく,おしべは4本または8本。代表的な属はグミ属 Elaeagnusで新旧両大陸温帯に 45種ほどがあり,日本にも種類が多い。果実核果状で食用となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のグミ科の言及

【グミ】より

…直立または半つる性のグミ科の1属。若枝,葉などに特徴的な星状鱗片を密布する木で,実は赤く熟し,多くの種では食べられる。…

※「グミ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブレグジット

2016年に起こったイギリスのEU(欧州連合)離脱問題のこと。同年6月23日(現地時間)にイギリスのEU離脱の是非につき行われた国民投票にからんで生まれた言葉で、Britain(英国)とExit(退出...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android