グスリ(読み)ぐすり(英語表記)Гусли/Gusli

日本大百科全書(ニッポニカ)「グスリ」の解説

グスリ
ぐすり
Гусли/Gusli

ロシアのチター型撥(はつげん)楽器。吟遊詩人が叙事詩朗唱の伴奏に用いた伝統的な楽器で、ロシアの民俗楽器のなかではもっとも起源が古い。翼形の5~14弦のものと、兜(かぶと)形の10~36弦のものがあり、ともに全音階的に調弦する。17世紀には舞曲やオペラの伴奏用に、両手指で奏する半音階的調弦の長方形卓上グスリが現れた。20世紀には、改良した翼形グスリで合奏団を編成したり、鍵盤(けんばん)を取り付けてオーケストラ楽器として使用するなどの試みがなされている。

[藤田隆則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「グスリ」の解説

グスリ(〈ロシア〉gusli)

ロシアのチター撥弦はつげん楽器。その起源は非常に古い。翼形とかぶと形の二つのタイプがあり、前者はロシア北西部に広く分布している。16世紀末頃から長方形の卓上型グスリも現れた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「グスリ」の解説

グスリ
gusli

ロシアの民俗楽器。ツィター属の撥弦楽器で,はしご形またはかぶと形の共鳴箱の上に平行して多くの弦が張られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android