キョ・はらう・さる・ひらく(漢字)

普及版 字通の解説


10画

[字音] キョ
[字訓] はらう・さる・ひらく

[字形] 形声
声符は(きよ)。去は神判に敗れた者(大、人の正面形)と、自己詛盟の器((さい))の蓋を取り去った形()とを合わせた字で、これを水に流すことを法という。祓いの方法であるので「(はら)う」という。〔説文〕にみえず、〔広雅、釈詁二〕に「は去るなり」というが、字はに作るべきである。はそで、たもとの意。去はの初文。はその形声字である。

[訓義]
1. はらう、のぞく、さる、おう。
2. を除き、神を迎える、ひらく。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕 シリゾク・コフ・ヒラク・サル・カカグ・ハラフ・フサグ・カカヤク

[語系]
・去khiaは同声。khiatも声近く、曷は屍骨の呪霊に祈って、邪気を禁ずる呪儀。みな祓う意がある。

[熟語]
退
[下接語]
・病・惑

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android