ガス バン・サント(英語表記)Gus Van Sant

現代外国人名録2016「ガス バン・サント」の解説

ガス バン・サント
Gus Van Sant

職業・肩書
映画監督,脚本家

国籍
米国

生年月日
1952年7月24日

出生地
ケンタッキー州ルイビル

学歴
ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン(映画製作)卒

受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞(最優秀インディペンデント賞・実験映画賞)〔1985年〕「Mala Noche」,全米映画批評家協会賞監督賞・脚本賞(1989年度)〔1990年〕「ドラックストア・カウボーイ」,国際映画批評家賞作品賞・監督賞〔1989年〕「ドラックストア・カウボーイ」,インディペンデント・スピリット賞脚本賞・音楽賞(第7回)〔1992年〕「マイ・プライベート・アイダホ」,カンヌ国際映画祭パルムドール・監督賞(第56回)〔2003年〕「エレファント」,カンヌ国際映画祭第60回記念賞〔2007年〕「パラノイド・パーク」

経歴
オレゴン州ポートランドで育つ。デザインスクールを卒業後、ハリウッドで低予算映画「Alice in Hollywood」を監督。ニューヨークでCM制作等に携わった後、オレゴン州ポートアイランドに戻り、1985年長編「マラノーチェ」でデビュー。同作は映画祭などで高く評価されたが配給がつかず一般公開されなかった。’89年「ドラックストア・カウボーイ」で全米映画批評家協会賞最優秀監督賞を受賞、一躍有名になる。2003年には米国のコロンバイン高校銃乱射事件を題材にした「エレファント」で、カンヌ国際映画祭パルムドール及び監督賞を受賞。非合法移民、麻薬中毒者、ストリート・ボーイと常に社会に置きざりにされた人間に焦点を当てた作品が多い。2006年幻のデビュー作「マラノーチェ」が監督自身の再編集を経て一般公開される。他の作品に「マイ・プライベート・アイダホ」(’91年)、「カウガール・ブルース」(’93年)、「誘う女」(’95年)、「グッド・ウィル・ハンティング」(’97年)、「サイコ」(’98年)、「小説家を見つけたら」(2000年)、「GERRY ジェリー」(2002年)、「ラストデイズ」(2005年)、「ミルク」(2008年)、「レストレス」(2010年)などがある。デビッド・ボウイ、エルトン・ジョンらのミュージックビデオの監督を務める他、画家、写真家、小説家としても活躍。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

367日誕生日大事典「ガス バン・サント」の解説

ガス バン・サント

生年月日:1952年7月24日
アメリカの映画監督;脚本家

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android