ガス糸(読み)がすいと

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ガス糸」の意味・わかりやすい解説

ガス糸
がすいと

毛羽焼きを行った糸のこと。主として都市ガスを使用するが、そのガスの炎中に糸を高速で通し、表面の毛羽や雑物を焼き取った糸で、おもに綿ガス糸のことをさす。この工程を経ることにより、綿繊維の表面が加熱のためにろう質が柔らかくなり、繊維の結合が強化されることになる。織物の経緯(たてよこ)いずれかの原糸に施されるほか、細番手のカタン糸にもガス焼きを行うことがある。また絹紡糸、あるいは上質の麻糸に施すことがある。こののちにシルケット加工をするが、表面は平滑となり光沢がつく。

[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ガス糸」の意味・読み・例文・類語

ガス‐いと【ガス糸】

〘名〙 (gassed yarn の訳語)
① ガスの炎の中を高速度で通過させ、糸の表面の毛羽を焼き光沢を与えた糸。主に綿糸の双糸(そうし)に施す。ガス。
※都新聞‐明治二七年(1894)三月二四日「又ズット下って東京機にて瓦斯糸の風通織、種々の新形を出し」
② ①を用いて織った織物や生地。ガス糸織。ガス織
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「秩父銘撰の藍ぽい羽織を着て、下は瓦斯糸らしい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア 「ガス糸」の意味・わかりやすい解説

ガス糸【ガスいと】

ガス毛焼機を用い,ガスの炎の中を高速度で通過させるガス加工を施して,表面の毛羽(けば)を焼き,光沢を出した糸。ガス焼すると,熱で蝋分がしみ出て繊維を接着するため,糸面が平滑になり,糸の強度も増す。通常は綿糸だが,絹紡糸や麻糸もある。ポプリンブロード,レース,クレープ,ボイルなどの織物用やミシン糸,刺繍糸として使用される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉 「ガス糸」の意味・読み・例文・類語

ガス‐いと【ガス糸】

主に木綿糸をガスの炎の中を高速度で通過させ、表面の毛羽けばを焼き取って滑らかで光沢のある糸にしたもの。高級綿織物用。ガス。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版 「ガス糸」の意味・わかりやすい解説

ガスいと【ガス糸 gassed yarn】

ガスの炎の中を高速で通過させ,表面に出ている毛羽(けば)を焼いて除いた糸。通常,ガス糸にするのは綿糸であるが,ほかにも絹紡糸や麻糸などもガス糸にすることがある。毛焼きすることにより,糸の表面が平滑になり,光沢が増し,強度も増加する。綿ガス糸はさらにシルケット加工をして用いることが多い。レース,ブロード,ポプリン,ボイル,クレープなどの織物用に用いたり,ミシン糸,ししゅう糸などに用いる。【坂本 宗仙】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android