カレ(英語表記)Kale

翻訳|kale

デジタル大辞泉「カレ」の解説

カレ(Kale)

木星の第37衛星。2001年に発見。名の由来ギリシャ神話ゼウスの娘。非球形で平均直径は約2キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカレの言及

【ポルト】より

… 市内で発見された先史時代の遺構により同市の起源は紀元前3000~紀元前4000年にさかのぼることが知られている。ローマ時代初期にはカレCaleの名で知られるが,4世紀末には〈カレの港〉を意味するポルトゥス・カレPortus Caleが町の呼称として一般化し,12世紀には単にポルトと呼びならわされるにいたる。一方,ドウロ川以北,リマ川以南の地域全体の呼称となったポルトゥス・カレからのちの王国名ポルトガルが生まれた。…

※「カレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android