カラン

精選版 日本国語大辞典「カラン」の解説

カラン

〘名〙 (kraan) 水道などの給水管の末端に取り付けて、ひねったり押したりすれば、水、湯などが出るようにした装置。現代では、特に公衆浴場などの大型のものをさす場合が多い。蛇口(じゃぐち)
※彼は昔の彼ならず(1934)〈太宰治〉「はっと気づいたけれど、僕はそれでもわざとゆっくりカランから湯を出して、てのひらの泡を洗ひ落とし、湯槽へはひった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

リフォーム用語集「カラン」の解説

カラン

水栓金具の事。お湯と水がひとつの蛇口から出る混合栓も含む。最近の住宅用のカランの形状としては、ハンドルを回すことにより吐水量を調節するハンドル式よりも、レバーひとつで吐水量や吐水温度の調整ができるシングルレバー式のカランが一般的。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典「カラン」の解説

カラン【kraan〈オランダ〉】

給油・給水・ガス管などの出口に設ける開閉栓が付いた口金(くちがね)。水道の蛇口など。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「カラン」の解説

カラン(〈オランダ〉kraan)

水栓。蛇口。
[類語]蛇口バルブ水栓給水栓消火栓元栓耳栓コック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android