カラバルソン計画(読み)カラバルソンけいかく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「カラバルソン計画」の意味・わかりやすい解説

カラバルソン計画
カラバルソンけいかく

フィリピンにおける総合地域開発プロジェクトのひとつで,外国企業による直接投資の誘致のためにインフラストラクチャー整備を行おうとするものである。外資に好意的であったマルコス政権の崩壊とそれ以降の政治的混乱により激減した外国企業の直接投資を引戻そうというねらいがある。対象地域は,首都マニラの南側に広がるカビテ,ラグナ,バタンガスなど,いわゆる南タガログ地方の5州。 2010年までに 40億ドルを投入,25万人の雇用創出を見込んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android