カッペ

精選版 日本国語大辞典「カッペ」の解説

カッペ

〘名〙 (Kappe) 坑道の天盤を支える金属性の(はり)。相互に連結でき、鉄柱と組み合わせて使用する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「カッペ」の解説

カッペ(〈ドイツ〉Kappe)

坑道の天盤を支える金属製のはり。相互に連結でき、鉄柱と組み合わせて使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカッペの言及

【カッペ採炭】より

…炭鉱の採炭切羽において,支保として鉄柱およびカッペを用いる採炭法をいう。切羽では天盤が崩落しないように支保(坑内支保)で支える。…

※「カッペ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android