カッシア(英語表記)Cassia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カッシア」の解説

カッシア
Cassia

マメ科の1 (カワラケツメイ属) で,落葉高木,低木あるいは草本を含む。日本にはこの属のものは,草本のカワラケツメイ C. mimosoides var. nomameだけであるが,南北アメリカ,アフリカ,熱帯アジアなどに約 450種も知られている。葉は偶数羽状複葉,花は総状または円錐花序につくか,あるいは葉腋に単生する。花弁は5枚でほとんど同形,マメ科ではあるが蝶形花ではない。この点でマメ科から分けてジャケツイバラ科とすることもある。観賞用や並木として植えられたり,果実や葉を薬用にしたり,また材を建材や家具材に用いる。日本ではハブソウ C. torosaやエビスグサ C. obtusifoliaなどを薬用に栽培する。熱帯アジア産のタガヤサン C. siameaは材が堅く,鉄刀木とも呼ばれ,古くから建材やなどに使われる。

カッシア
Cinnamomum cassia; cassia: Chinese cinnamon

トンキンニッケイ,ケイともいう。クスノキ科の常緑高木。中国南部やインドシナ半島自生,栽培もされる。高さ約 15mほどになる。葉は長さ 12~15cmほどで,表面に光沢があり,3本の葉脈が目立つ。小枝に小型で黄白色の花が多数つく。夏に楕円形で小型の果実をつける。若木または若枝の内樹皮を乾燥して香辛料の1種であるシナモン代用とし,菓子や料理に用いられ,漢方薬としても利用される。近縁種にセイロンニッケイ,ニッケイなど香辛料として利用されるものも多くあって,しばしば混同される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「カッシア」の解説

カッシア

〘名〙 (quassia) ニガキ科の小高木。熱帯アメリカ原産で薬用に栽培。葉は小さな五葉からなる羽状複葉で、柄にはがある。夏、緋紅色の筒状花を開く。実は卵形で黒熟する。

カッシア

〘名〙 (cassia) マメ科カワラケツメイ属植物の総称。熱帯を中心に五〇〇種ほどある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「カッシア」の解説

カッシア
かっしあ

センナ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android