カサル(読み)かさる(英語表記)Julián del Casal

日本大百科全書(ニッポニカ)「カサル」の解説

カサル
かさる
Julián del Casal
(1863―1893)

キューバの詩人。一家の破産により大学を中退、役所勤めをしたが、新聞紙上でスペイン総督を攻撃して失職結核のため夭逝(ようせい)した。処女詩集『風にそよぐ葉』(1890)はロマン主義の色が濃いが、第二詩集『雪』(1892)では象徴主義と高踏主義の諸要素を結合、ペシミズムを強める。遺作の、散文を含む第三詩集『胸像と叙情詩』(1893)は、詩形が刷新されるなど、近代主義の頂点に達している。

[野谷文昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android