オオバンヒザラガイ(英語表記)Cryptochiton stelleri; giant Pacific chiton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「オオバンヒザラガイ」の解説

オオバンヒザラガイ
Cryptochiton stelleri; giant Pacific chiton

軟体動物門多板綱ケハダヒザラガイ科。体長 20cm,体幅 10cmであるが,老成すると体長 30cmに及び,ヒザラガイ類中の世界最大種。体は小判形背面が多少ふくらむ。表面全体が肉帯でおおわれ,多くの小さな乳頭があり,紫褐色や灰白色などの斑点が散在する。足は平らで大きく,体幅の半分を占める。外套腔に約 75対ある。は白色,蝶形で8個並ぶが,肉帯の中に完全に埋まっている。寒流系ので,北海道以北,ベーリング海よりアメリカ,カリフォルニアに及んで分布し,潮間帯より水深 40mの岩礁にすむ。肉は食用。アイヌ名でムイともいう。これは昔,アワビとムイとが争ってアワビが負けて逃げ,津軽海峡の北海道側武井ノ島 (むいのしま) より北にはアワビがすまずにムイがいるという分布状態を説明する民話による。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「オオバンヒザラガイ」の解説

オオバンヒザラガイ
おおばんひざらがい / 大判石鼈貝
giant Pacific chiton
[学] Cryptochiton stelleri

軟体動物門多板綱オオバンヒザラガイ科のヒザラガイ。北海道東部以北、アラスカを経てカリフォルニア沿岸まで分布する。大形種で、体長30センチメートル、体幅15センチメートルにも達する。アイヌ語ではムイとよばれる。

[奥谷喬司]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android