エリブルース山(読み)えりぶるーすさん(英語表記)Эльбрус/El'brus

日本大百科全書(ニッポニカ) 「エリブルース山」の意味・わかりやすい解説

エリブルース山
えりぶるーすさん
Эльбрус/El'brus

ロシア連邦南西部の山。大カフカス山塊(カフカス山脈)の最高峰。同山塊中のボコボイ山脈の花崗(かこう)岩および結晶片岩からなる基盤の上に噴出した安山岩質の溶岩円頂丘。頂上は二つあり、西の峰は標高5642メートル、東の峰が5621メートル。雪線標高は北斜面で3500メートル、南斜面で3200メートル。面積約135平方キロメートルの氷河がある。山頂付近はクバン川、テレク川の水源地帯である。ジョージア(グルジア)のカフカス地方における登山の主要な対象となっている。

[津沢正晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「エリブルース山」の意味・わかりやすい解説

エリブルース山
エリブルースさん
gora El'brus

ロシア南西部,黒海とカスピ海の間に連なる大カフカス山脈の最高峰。同山脈西部にある双頭峰で,標高は西峰 5642m,東峰 5621m。ボコボイ山脈の堆積岩層を貫いて噴出した円錐形火山で,安山岩質の溶岩を流し,山体は氷河によって浸食されている。氷河は総面積 134.5km2を占め,クバン川やテレク川源流の水源をなしている。北麓キスロボーツクはエリブルース登山基地として知られる。カバルダバルカル共和国カラチャイチェルケス共和国の境に位置する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エルニーニョ現象

《El Niño events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より高くなる現象。発生海域のみならず、世界的な異常気象の原因となる。逆に海水温が下がるラニーニャ現象も...

エルニーニョ現象の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android