エビスグサ(読み)えびすぐさ

日本大百科全書(ニッポニカ)「エビスグサ」の解説

エビスグサ
えびすぐさ / 夷草
[学] Senna obtusifolia (L.) H.S.Irwin et Barneby
Cassia obtusifolia L.

マメ科(APG分類:マメ科)の一年草。茎は高さ1.5メートル。葉は互生する偶数羽状複葉で、2~4対の小葉よりなり、小葉は倒卵形、先端はわずかに突出し、長さ3~4センチメートル、ほとんど無柄。夏に葉腋(ようえき)に長い柄をもつ黄色花を1、2個つける。花弁は倒卵状円形で5枚、雄しべ10本、雌しべは1本。果は細長く弓状に曲がり、長さは15~20センチメートル、中に菱(ひし)状四辺形の種子が一列に並ぶ。種子は黄褐色ないし黒褐色、長さ4.5~6ミリメートル、幅3~3.5ミリメートルで、日本ではこれを決明子(けつめいし)と称して薬用に供し、はぶ茶と称して茶のかわりに用いる。各種のアントラキノン誘導体、粘液、タンパク質、脂肪油、ビタミンAを含有し、健胃、整腸、緩下(かんげ)、利尿、消炎作用をもつので、便秘、胃腸病、高血圧、眼病、口内炎などに用いる。中央アメリカ原産で、日本では古くから栽培されている。中国では熱帯アジア原産の類似植物ホソミエビスグサS. tora (L.) Roxb.(C. tora L.)を決明や草決明の名で栽培し、その種子を決明子と称している。この種子は暗赤褐色で、長さ3~4ミリメートル、幅2~3ミリメートルと前者よりも小粒で、重量も前者の半分しかない。決明は本種のことであり、前者にそれを用いるのは正しくないが、薬効に相違はないから実用上は問題はない。インドではこの種子を炒(い)ってコーヒーの代用としている。

[長沢元夫 2019年10月18日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「エビスグサ」の解説

エビスグサ

熱帯アメリカ原産で,本州中部以西および熱帯アジアに広く野生化し,栽培もされるマメ科の一年草。高さ1m内外。葉は偶数羽状複葉で,夏に黄色花を開き,次いで細長い豆果を結ぶ。種子は,漢方では決明子(けつめいし)といわれ緩下剤,強壮薬にされ,またはぶ茶にもされる。
→関連項目カワラケツメイハブソウ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「エビスグサ」の解説

エビスグサ【oriental senna】

熱帯に広く野生状態で分布し,薬用に栽培もされるマメ科の低木性草本植物(イラスト)。日本では沖縄でみられる。同属のハブソウと混同され,種子ははぶ茶の原料とされる。高さ1mほどになり,全体に短毛を有する。葉は互生,通常3対の小葉からなる羽状複葉で,小葉は倒卵形,長さ2~3cm。花は黄色で放射状の5枚の花弁を有し,多くは2個が対をなして葉腋(ようえき)から出る。(さや)(豆果)は線形でやや扁平となり,長さ15~25cm,種子は多数で,長さ約5~8mm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android