ウラーンバートル(英語表記)Ulaanbaatar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ウラーンバートル」の解説

ウラーンバートル
Ulaanbaatar

モンゴルの首都。旧称ではウルガ Urga,ダーフレー Daxüree,クーロン (庫倫) など。モンゴル中部,ヘンティー山脈西部の盆地,標高 1351mにある。トール川に臨み,周辺は豊かな草原地帯。年降水量約 300mm。月平均気温-22℃ (1月) ~16.4℃ (7月) 。行政上は特別市で,4区に分かれる。 1639年にハルハ人から活仏と認められたジェブツン・ダンバ・フトゥクトの居所となり,18世紀後半からは清朝の外モンゴルにおける政治,軍事の中心地ともなった。ロシアと中国の交易地としてもにぎわい,商業地区が設けられた。 1921年革命政府の所在地となり,1924年人民共和国の発足とともに「赤い英雄」を意味する現在名に改称,首都となった。国の人口の4分の1が集中し,政治,経済,文化,教育すべての中心地となっている。政庁舎,大学,科学アカデミー,劇場,博物館,放送局,出版所,ホテルなどがあり,郊外には畜産品の加工を主に軽工業が発達。シベリア鉄道のウランウデ,中国のフフホト (呼和浩特) と鉄道で結ばれ,国内の主要都市と自動車道,航空路で結ばれる。人口 116万1800(2011)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android