ウマガレイ(読み)うまがれい(英語表記)flathead sole

日本大百科全書(ニッポニカ)「ウマガレイ」の解説

ウマガレイ
うまがれい / 馬鰈
flathead sole
[学] Hippoglossoides elassodon

硬骨魚綱カレイ目カレイ科に属する海水魚。日本の沿岸にはいないが、オホーツク海から千島列島ベーリング海を経て北アメリカのカリフォルニア州北部の沖合いまで広く分布する。大形の口をもつカレイ類で、アカガレイやドロガレイによく似るが、アカガレイとは両顎(りょうがく)に肥大した歯がないこと、ドロガレイとは両眼間隔域が高く隆起し、そこに1列の鱗(うろこ)しかないことで区別できる。体は灰褐色や黄緑褐色のものが多い。

 北アメリカの沿岸では水深200メートル付近にすむ。産卵期は3~4月ごろで、全長38センチメートルぐらいの5歳魚は60万粒の卵をもつ。全長46センチメートルぐらいになる。ベーリング海で漁獲されたものが、頭と内臓を除去しシロガレイとして市販されている。フライや煮つけにするとよい。

[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android