ウィリアム(2世)(読み)うぃりあむ(英語表記)William Ⅱ

日本大百科全書(ニッポニカ)「ウィリアム(2世)」の解説

ウィリアム(2世)
うぃりあむ
William Ⅱ
(1056/60―1100)

イングランド王(赤顔王Rufus。在位1087~1100)。ウィリアム1世の第3子。父の寵愛(ちょうあい)を受けてその死後イングランド王となる。兄のノルマンディー公ロベールRobert Ⅱ(1051/54―1134。在位1087~1106)、バイユー司教オドらの反乱を切り抜け、ラナルフ・フランバードを起用して厳格な統治を展開し、聖職者叙任権をめぐってカンタベリー大司教アンセルムスとも対立した。ロベールの十字軍出征中ノルマンディー公領をゆだねられたが、狩猟中暗殺された。

[富沢霊岸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「ウィリアム(2世)」の解説

ウィリアム(2世)
William Ⅱ

1060〜1100
ノルマン朝第2代のイギリス国王(在位1087〜1100)
ウィリアム1世の子。前後3回ノルマンディー公国を侵略し,スコットランド臣従誓約をさせ,教会への権限をめぐってカンタベリ大司教アンセルムスとも対立するなど,その武断政治や重税策,反ローマ教会の態度は多くの貴族反感を買い,狩猟中に射殺された。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android