イレチェク

世界大百科事典 第2版「イレチェク」の解説

イレチェク【Konstantin Jireček】

1854‐1918
南スラブ諸国専門のチェコ人史家。スラブ学・言語学・歴史学者,政治家として著名なヨーゼフ・イレチェクJosef Jireček(1825‐88)の子。プラハ大学で歴史学を修めたのち,ブルガリアの国民教育に情熱を傾け,オスマントルコから独立したブルガリアで文部大臣を務める(1881‐84)。学位論文であった主著ブルガリア史》(1876)は言語学に裏付けられた徹底的な実証主義に基づく成果で,ブルガリアにおける最初の学問的著作として今日でも高く評価されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典「イレチェク」の解説

イレチェク

生年月日:1854年7月24日
チェコスロヴァキアの歴史家
1916年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android