イブンシーナー

精選版 日本国語大辞典「イブンシーナー」の解説

イブン‐シーナー

(Ibn Sīnā) イスラムの哲学者・医者。中央アジアのブハーラー近郊出身。「医学典範」「治癒の書」などを著わし、中世ヨーロッパの哲学・医学に影響を与えた。ラテン名はアビセンナ。(九八〇‐一〇三八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「イブンシーナー」の解説

イブン‐シーナー(Ibn Sīnā)

[980~1037]中央アジア出身のイスラム哲学者・医学者。アリストテレスを研究。「治癒の書」「医学典範」を著し、中世ヨーロッパに大きな影響を及ぼした。ラテン語名、アビセンナ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android