アングロアラブ(読み)あんぐろあらぶ(英語表記)Anglo-Arab

日本大百科全書(ニッポニカ)「アングロアラブ」の解説

アングロアラブ
あんぐろあらぶ
Anglo-Arab

哺乳(ほにゅう)綱奇蹄(きてい)目ウマ科の動物。同科の1種ウマの1品種。サラブレッドアラブを交配し、前者の速力と後者の持続力を兼備させたウマで、品種内の交配も行われる。フランス原産であるが、他の国でも生産され、乗競走馬として使われる。

[加納康彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「アングロアラブ」の解説

アングロ‐アラブ(Anglo-Arab)

馬の一品種。フランスでアラブサラブレッドを交配し、改良したもの。乗馬・競走用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android