アダプタータンパク質

栄養・生化学辞典「アダプタータンパク質」の解説

アダプタータンパク質

 チロシンキナーゼ系信号伝達において,ホスホチロシンを認識して結合し,チロシンリン酸エステル化されているという信号を細胞内で伝達するタンパク質.PI3-キナーゼのように酵素活性を有するものもあり,Shc,Crkのように有しないものもある.SH-2ドメインやSH-3ドメインなどをもち,このドメインがホスホチロシンを認識するとされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android