アセロラ(読み)あせろら(英語表記)acerola スペイン語

日本大百科全書(ニッポニカ)「アセロラ」の解説

アセロラ
あせろら
acerola スペイン語
[学] Malpighia emarginata DC.
Malpighia glabra

キントラノオ科(APG分類:キントラノオ科)マルピーギア属のトロピカルフルーツ(熱帯果実)の一種。西インドチェリーともいう。樹高2~4メートルの常緑低木で、直径2センチメートル前後のサクランボに似た果実である。果皮は熟するにつれて濃赤色になり、果肉は淡黄色や薄紅色である。表面にわずかな稜(りょう)をもち、光沢があり、内側に3個の種子をもつ。香りはリンゴに似ている。品種により、葉に丸みのある甘味系と細葉の酸味系に分類できる。西インド諸島から南米にかけてが原産地で、ブラジル、プエルト・リコ、カリブ諸島、ハワイなどで栽培されている。熱帯地域では開花から収穫までの期間が1か月で、同じ木から1年に5~7回収穫できる。日本には大正時代にもち込まれた。生果は収穫後数時間で果皮が発酵して傷みだすために一般化しなかったが、高い栄養価のために近年注目され始めた。とくにビタミンCの含有量(果肉100グラム中に約1500ミリグラム)は天然食品のなかでもっとも多く、レモンの約20倍で、さらに90%が還元形で体内で利用しやすい。加工品としてジュース、ゼリー、ジャムなどのほかビタミンC錠にも利用されている。沖縄、小笠原諸島、和歌山、鹿児島などで栽培が試行されている。

[田中伶子 2020年6月23日]

『野口新生監修『舶来新食品大全』(1987・テレビ朝日)』『『食材図典』(1995・小学館)』『芦沢正和ほか監修『食品図鑑』(1996・女子栄養大学出版部)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「アセロラ」の解説

アセロラ

キントラノオ科の常緑低木。樹高は3m程度。西インド諸島および南テキサスから南米北部原産で,現在では熱帯アメリカ,ハワイ,フィリピンなどで栽培されている。高温多湿を好み温度土壌水分が適度な環境であれば年に数回開花・結実する。表面に稜のあるサクランボ大の赤い果実を着ける。果実は多汁質でビタミンCが豊富に含まれており,ジュースやジャム,ゼリー,キャンディなどに利用されている。日本では沖縄や小笠原で栽培が試みられている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典「アセロラ」の解説

アセロラ

 [Malpighia punicifolia],[M. glabra].バルバドスチェリーともいう.ヒメハギ目キントラノオ科マルピギア属に属するアメリカ大陸の熱帯,亜熱帯地方の灌木になる果実で,アスコルビン酸含量が高い.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「アセロラ」の解説

アセロラ

〘名〙 (acerola) グミ科高木。南アメリカ、アマゾン流域原産。果実は直径約二センチメートル。濃紅色に熟す。果肉はビタミンCを多く含み、生食のほかジャム、ジュースなどにする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「アセロラ」の解説

アセロラ(〈スペイン〉acerola)

キントラノオ科の常緑低木。南アメリカ・アマゾン流域原産。果実は直径2センチほどで、濃紅色に熟す。果肉はビタミンCを多量に含む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android