アセトアセチルCoA(読み)アセトアセチルコーエ

化学辞典 第2版「アセトアセチルCoA」の解説

アセトアセチルCoA
アセトアセチルコーエ
acetoacetyl CoA

C25H40N7O18P3S(851.62).CH3COCH2CO-CoA.アセトアセチル補酵素Aともいう.2分子のアセチルCoAから生成する.また,脂肪酸などの生体内酸化分解の中間産物でもある.アセトアセチルCoAからアセト酢酸が生成すれば,動物体のケトン体生成に関与し,還元されてヒドロキシブチリルCoAを経て,酪酸ブタノールなどを生成する.さらにもう1分子のアセチルCoAと反応して,3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリルCoA,

が生成すれば,テルペンステロイド生合成の最初の段階になる.[CAS 1420-36-6]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

栄養・生化学辞典「アセトアセチルCoA」の解説

アセトアセチルCoA

 C25H40N7O18P3S (mw851.61).

 脂肪酸の酸化により生成するほか,ある種のアミノ酸代謝によっても生成する.最終的にアセチルCoAとなり代謝される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android