アセチルCoAカルボキシラーゼ

栄養・生化学辞典の解説

アセチルCoAカルボキシラーゼ

 [EC6.4.1.2].アセチルCoAアセチル基にCO2を結合させてマロニルCoAを合成する酵素で,複合体を形成しており,ビオチン補酵素とする.脂肪酸生合成の律速酵素で,脂肪酸合成が活発になる生理的状態で誘導される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android