アカゼ

栄養・生化学辞典「アカゼ」の解説

アカゼ

 [Decapterus muroadsi].スズキ目アジ科ムロアジ属の海産.ムロアジというとこの魚を指すことが多い.食用魚.全長40cmになる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のアカゼの言及

【ムロアジ(室鰺)】より

…形態はよく似ているが,前者は頭頂のうろこが眼の前端部の上部まで見られるが,後者では眼の中央部あるいは後端の上部付近で終わっている。ムロアジは別名アカゼと呼ばれ,キンタカ,キンムロ(和歌山)の名もある。マアジより筒型で,背は黄緑色,腹部銀白色,体側に濃い黄色の1縦帯がある。…

※「アカゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android