アカエイ(読み)あかえい

日本大百科全書(ニッポニカ)「アカエイ」の解説

アカエイ
あかえい / 赤鱏

軟骨魚綱トビエイ目の科や属の総称、またはその1種の名称。アカエイ科Dasyatidae(英名stingrays)は胸びれと腹びれで扁平(へんぺい)な体盤を形成すること、尾が鞭(むち)状で背びれや尾びれがないこと、尾部の背部に1~3本の逆棘(とげ)をもった毒針をもつことなどが大きな特徴である。尾部の毒棘の縁辺には逆棘が並んでいるため、されるとひどい傷を負い、出血や痛みを感じ、意識障害や麻痺(まひ)症状をおこすことがある。棘が刺さっている場合には抜いて止血をする。痛みが強い場合はやけどをしない程度の温湯(40~45℃)に患部をつけると痛みが和らぐ。アカエイ属Hemitrygonは、日本近海からはアカエイH. akajei、オナガエイH. bennetti、イズヒメエイH. izuensisなど5種が知られている。

 種としてのアカエイ(英名whip stingray)は1841年(天保12)に日本の南西部よりとれた標本に基づいて発表されたもので、体盤の腹面が黄色で、とくに縁辺部は濃黄色であることによって他種と区別できる。全長1メートルを超える。生殖方法は非胎盤型の胎生で、胎仔(たいし)は自分の卵黄を吸収してしまうと母体から子宮ミルク(母親の子宮壁から分泌される脂質栄養物)を受けて成育する。春に7~25尾の子を産む。北海道以南の日本各地および東シナ海などに分布するが、南日本の沿岸では普通にみられる。砂中に潜っていることが多いので、遊泳者などは踏みつけて刺されないように注意が必要である。おもに延縄(はえなわ)や刺網(さしあみ)で漁獲され、夏季には煮つけや酢みそにすると美味である。国際自然保護連合(IUCN)のレッド・リストでは、準絶滅危惧(きぐ)(NT)に指定されている(2021年8月時点)。

[仲谷一宏 2021年9月17日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「アカエイ」の解説

アカエイ

アカエイ科の魚。地方名アカエなど。体板長は1mに達し,尾部はその1.5〜2倍ある。日本の沿岸,特に南日本〜中国広東省沿岸に多い。尾部に大きいとげが1個またはそれ以上あって,刺されるとはなはだ痛い。夏10尾くらいの胎児を産む。夏は美味で冬は不味。吸物にしたり焼いて食べたりする。
→関連項目エイ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アカエイ」の解説

アカエイ
Dasyatis akajei; Red stingray

トビエイ目アカエイ科の海水魚。食用に供され,特に夏季美味である。体盤幅 80cm。体形菱形。尾部は細長くむち状で,基部に毒腺をもつ。体は褐色。胎生で,湾の砂泥底で 5~10尾を産む。日本,朝鮮半島,台湾,中国海域に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典「アカエイ」の解説

アカエイ

 [Dasyatis akajei].板鰓亜綱エイ目アカエイ科アカエイ属の海産魚.体長1mにも達する.食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「アカエイ」の解説

アカエイ【Dasyatis akajei】

エイ目アカエイ科の海産魚(イラスト)。背面灰褐色であるが,腹面の周辺部,尾部のつけ根あたりが橙色なのでこの名がある。本州中部以南の沿岸各地に生息するが,朝鮮半島,台湾,中国にも分布する。日本近海には本種のほかに8種のアカエイ属のエイが生息する。体はひし形に近いが,胸びれの外縁部が丸く,尾部がむち状で長く,体板の1.5~2倍あることが特徴。体板長は1mに達する。尾部の背面には1~2本のぎざぎざのある毒針があり,刺されると激しい痛みを感ずる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android