アオリイカ(読み)あおりいか(英語表記)oval squid

日本大百科全書(ニッポニカ)「アオリイカ」の解説

アオリイカ
あおりいか / 障泥烏賊
oval squid
[学] Sepioteuthis lessoniana

軟体動物門頭足綱ジンドウイカ科のイカ。北海道以南の日本各地、インド洋や西太平洋の温帯、熱帯域に広く分布する。外套(がいとう)長45センチメートル、幅13センチメートルぐらい。外套膜は中央の広がった円錐(えんすい)形、ひれは外套膜の両側全長に及び、広い。このようすからバショウイカクツイカという地方名がある。腕は比較的短く、外套長の半分以下で、吸盤は腕に2列並ぶが、触腕掌部には4列並ぶ。左第4腕の先端は交接腕で、その吸盤は乳頭状肉嘴(にくし)に変わっている。生時は背側に多数の短く白い横縞(よこじま)があり、雄ではとくに顕著。外套に包まれて背側中央に薄質で柳葉形の軟甲がある。本種はあまり大群をつくることなく5~6月には沿岸にきて海藻や沈木に産卵モイカという地方名は、この性質に由来する。卵は直径10ミリメートルぐらいで2~8個が寒天質の鞘(さや)に収まっていて、孵化(ふか)した子イカは外套長6ミリメートルもある。主として沿岸の定置網などに入り、また独特の擬餌鉤(ぎじばり)(西鹿児島地方では餌木(えぎ)という)でも釣られる。肉は柔らかく甘味があり上等で刺身にされ、乾製品は、みずするめミズイカという地方名から)とか、もずるめといい、高価である。

[奥谷喬司]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アオリイカ」の解説

アオリイカ
Sepioteuthis lessoniana; oval squid : bigfin reef squid

軟体動物門頭足綱ヤリイカ科。九州,山陽地方ではミズイカといい,またモイカ,バショウイカと呼ぶ地方もある。長 45cm,胴幅 13cmに達する大型種。胴の左右両側全縁にがあり,広げると楕円状になる。雄は背面に多数の短い横縞があり,は小円斑が散在する。4対の腕は短く,内側に吸盤が2列に並ぶ。触腕は長く,先の掌部に4列の吸盤がある。外套膜の内部背面に軟甲がある。北海道以南に分布し,九州地方に多い。5~6月頃内湾の海藻に産卵のため群来するが,このとき樹枝などを海に沈めて,それに産卵するために集ったところを採捕する。卵は 1cmぐらいで,寒天質のソーセージ状の袋に7~8個づつくるまれ,房状の卵塊となる。肉は美味で刺身とし,また胴を切開しないで袋状のまま乾かし,「水するめ (藻するめ) 」にする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「アオリイカ」の解説

アオリイカ

ジンドウイカ科。外套(がいとう)長40cmを超える。ひれがコウイカ類のように外套膜の全周にわたっているが,石灰質の貝殻をもたず,軟甲をもつ。太平洋にひろく分布し,5〜6月ごろには特に岸近くに集まり,海藻や沈木などに卵嚢を産みつける。生で食用にするほか,九州ではするめに製する。ミズイカ,シロイカ,クツイカ,バショウイカ,モイカなどは地方名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典「アオリイカ」の解説

アオリイカ

 [Sepioteuthis lessoniana].遠洋でとれる.体長80cmにも達するツツイカ目ヤリイカ亜目の食用のイカ.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「アオリイカ」の解説

アオリイカ【oval squid】

頭足綱ヤリイカ科のイカ(イラスト)。ひれが外套(がいとう)膜全長に及ぶところからよくコウイカ類とまちがわれるが,コウイカ類のように石灰質の貝殻をもたず,軟甲をもつヤリイカ類の1種。その全形からバショウイカ,あるいはクツイカの地方名があり,色素胞を収縮しているときは透明なところからミズイカ,シロイカ,あるいは産卵のため海藻に寄るところからモイカとも呼ばれる。外套長40cmを超える。外套膜の側縁全長にわたって,半円形のひれがあり,背側には断続する白線横縞があり,これは雌ではやや不明りょうである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android