アオサ(読み)あおさ(英語表記)Sea lettuce

翻訳|sea lettuce

日本大百科全書(ニッポニカ)「アオサ」の解説

アオサ
あおさ / 石蓴
Sea lettuce
[学] Ulva pertusa Kjellm.

緑藻植物、アオサ科の海藻緑色で幅広い扁平(へんぺい)葉状体をなし、縦断面は細胞が2層に並ぶ。穴あきの多い葉体が普遍的であったため、アナアオサともいう。しかし、沿岸海水の汚染がひどくなってからは、数多くの裂片に分かれる体形のリボンアオサが繁殖し、漁業被害なども出てきている。そのほか、ボタンアオサ、アミアオサ、ヤブレグサなどがアオサ属に含まれる。適応性の広い海藻で、どこの海岸でもアオサ属のいずれかの種が分布する。葉質が堅く、食用には不適で、家畜飼料に利用される場合が多い。

[新崎盛敏]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「アオサ」の解説

アオサ

緑藻類アオサ科アオサ属の海藻の総称。体は緑色,膜状で2層の細胞からできている。日本の沿岸には約10種あるが,代表種にアナアオサとボタンアオサがある。ともに全国各地沿岸の潮間帯に生育する。前者は大型で多数の穴があいている。大きさ20〜30cm。後者は小型で八重咲きの花のよう。大きさ2〜5cm。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典「アオサ」の解説

アオサ

 アオサ目の緑藻で浅い海でとれる.アオノリ属のスジアオノリEnteromorpha prolifera],ヒラアオノリ[E. compressa],ウスバアオノリE. linza],アオサ属の,アナアオサ[Ulva pertusa]などを食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「アオサ」の解説

アオサ【sea lettuce】

各地の海岸に生育する緑色の膜状,葉状の緑藻で,アオサ科アオサ属の総称名。世界各地に分布する。体は大きいものは30cm以上にもなるが,いずれも2層の細胞が密着してできている。細胞内には1個の核と緑色の膜状の葉緑体がある。種類が多く,日本の沿岸だけでも約10種が生育する。体形は種類によって異なり,幅の広い葉状の体に多数の小穴があいたアナアオサU.pertusa Kjellm.(イラスト),穴が大きく生長して体が網目構造を呈するアミアオサU.reticulata Fors.,穴は少ないかまたはほとんどなく,全形がササの葉の形を呈するナガアオサU.arasakii Chihara,体が八重咲きの花弁のように重なり合うボタンアオサU.conglobata Kjellm.などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアオサの言及

【ヒトエグサ(一重草)】より

…1層の細胞から体ができている膜状の緑藻で,関東以南の暖海域に広く分布するヒトエグサ科の海藻(イラスト)。冬から春に潮間帯上部の岩上に生育し,とくに内湾などの波の静かなところでは体は大きくなり,大きい群落をつくる。体形はほぼ円形で,大きさは4~10cm,またはそれ以上になり,生長するにつれて,しわや裂け目ができる。似た種類のヒロハノヒトエグサM.latissimum (Kütz.) Wittr.は日本中部沿岸や瀬戸内海などに分布し,体は薄くて,より大型となり,また穴があくことが多い。…

※「アオサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android