アオギス(英語表記)Sillago parvisquamis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アオギス」の解説

アオギス
Sillago parvisquamis

スズキ目キス科の海水魚体長 30cm。体色が青みを帯びていることからこの名がある。ヤギスともいう。四国吉野川河口,山口県木屋川河口,大分県,鹿児島県,台湾に分布する。かつては江戸前釣魚として知られた(→脚立釣り)。食用にも供されるが,味はシロギスより劣る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典「アオギス」の解説

アオギス

 [Sillago parvisquamis].スズキ目キス科の海産魚で,体長40cmになる.食用魚.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「アオギス」の解説

アオギス【Sillago parvisquamis】

スズキ目キス科の汽水魚(イラスト)。別名ヤギス。東京湾で釣師はかつて大きさにより,三年ヒネ,四年ヒネ,五年ヒネなどと呼んだ。アオギスの名はキス(シロギス)に比べ,背部が青緑色みが強いことによる。体は細長い円筒形で,第2背びれの各軟条前縁に沿って前方では7個,後方にいくにしたがって減り後ろでは1個の小黒点列があり,腹びれしりびれの前縁が黄白色である。全長50cmに達する。内湾性が強く,干潟のよく発達した汽水域で,干潮時には砂が露出するようなところにすんでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「アオギス」の解説

アオギス
あおぎす

ヤギス

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android