アオカビ(読み)あおかび

日本大百科全書(ニッポニカ)「アオカビ」の解説

アオカビ
あおかび / 青黴
[学] Penicillium

不完全菌類、モニリア目に属するカビをいう。ペニシルPenicil-とは(ほうき)を意味し、分生子柄―梗子(こうし)(フィアライド)―分生子の形態が箒状であるためにこの名がある。このような無性生殖のほかに、子嚢殻(しのうかく)―子嚢―子嚢細胞による有性生殖をもつグループもある。これはユーペニシリウムEupenicillium、タラロミセスTalaromyces、カルペンテレスCarpentelesなどの属として取り扱われ、ペニシリウムとともにアオカビとよばれる。このように有性生殖をもつ属は、子嚢菌類、ユーロチウム目(コウジカビ目)に属する。アオカビが発見された当初は1種類と思われ、パンがこれによってかびるので「パンのカビ」とよばれた。現在は300種以上発見され、外観は青色、緑色以外に紫色、オレンジ色、灰白色、黄色、白色などを呈するものまである。地球上に広く分布し、人間の生活環境中では、食品および食品材料や衣類などの上によくみられる。シトリヌムP. citrinumやイスランディクムP. islandicum、トクシカリウムP. toxyicariumは有毒性の物質を生ずることが知られ、黄変米や動物の飼料不適といった問題となる。工業的には抗生物質の生産、酵素の製造、核酸関連物質の生産など、利用価値が高い。

[曽根田正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「アオカビ」の解説

アオカビ

 →ペニシリウム属

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android