アウトリガー(英語表記)outrigger

デジタル大辞泉「アウトリガー」の解説

アウトリガー(outrigger)

カヌーや小型ボートなどで、外に腕木を張り出して取り付ける安定用の浮材。
競走用ボートの舷外に、腕木状に張り出したオール受け。また、そのボート。
障害者スキー用具の一。先端に小形の滑走板がついたストック(つえ)。
クレーン車などで、作業時の転倒を防ぐために車体両側に伸ばす支え。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「アウトリガー」の解説

アウト‐リガー

〘名〙 (outrigger)
① カヌーやボートで、舷(げん)の外に張り出して取りつけられた安定用の浮材。
② レース用のボートで舷から外へつきだし、先端にオール受けをつけた金属製の支柱。また、それをつけたボート。リッガー

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android