アイソフォーム

栄養・生化学辞典「アイソフォーム」の解説

アイソフォーム

 イソフォームともいう.アイソザイムのように,構造は異なるが同じ機能をもつタンパク質.酵素に限らず,ほかのタンパク質についてもいうために範囲を広げてアイソフォームとする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉「アイソフォーム」の解説

アイソフォーム(isoform)

基本的機能は同じだが、構造の一部が異なるたんぱく質。イソフォーム。イソ型。→アイソザイム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android