アイシング

精選版 日本国語大辞典「アイシング」の解説

アイシング

〘名〙 (icing)
① ケーキなどの表面に塗る、砂糖を主成分とする
② (icing the puck) アイスホッケーで、相手チームと同数かそれ以上のチームのプレーヤーが、センターラインの後方からパス、またはシュートをし、そのパックが相手方ゴールラインを越えた場合をいう。ゴールに入れば得点となるが、他の場合はフェースオフとなる。
医学で、患部を冷やすこと。火傷打撲の際の応急処置や、スポーツの後の疲労回復などのために行なう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「アイシング」の解説

アイシング(icing)

粉砂糖卵白を加えて練ったもの。ケーキなどの表面に塗る。
アイスホッケーで、センターラインの後方からパスまたはシュートしたパックノータッチで直接相手のゴールラインを越えること。アイシング‐ザ‐パック。→フェースオフ
炎症の鎮静や疲労回復などのために、身体の一部を氷などで冷やすこと。
着氷1

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)「アイシング」の解説

アイシング
あいしんぐ
icing

菓子類のデコレーションの一種。菓子類の表面を飾る装飾的役割をし、また、菓子の乾燥を防ぐ効果がある。材料は卵白と砂糖で、作り方は、卵白に粉砂糖を少量ずつ加えながら泡立て、レモン汁を加える。これを塗ると、不透明な薄氷が張ったような感じになり、名前はこれに由来する。

[小林文子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典「アイシング」の解説

アイシング【icing】

洋菓子やパン、果物などにかける糖衣。砂糖を水や卵白に溶き混ぜたものやフォンダンを用いるほか、洋酒・バター・クリームチーズ・チョコレートなどを混ぜて用いることもある。◇「フロスティング」「グラス」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

栄養・生化学辞典「アイシング」の解説

アイシング

 (1) ケーキ,ペストリークッキーなどを,砂糖を主とするクリーム状のペーストなどで飾ること.(2) 氷蔵の意味にも使う.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android