ぬっぺっぽう

デジタル大辞泉プラス 「ぬっぺっぽう」の解説

ぬっぺっぽう

日本の妖怪江戸時代の妖怪絵巻や画集記述があり、ずんぐりとした丸い胴体に顔と手足が付いた頭部と胴体の区別が無い姿で描かれる。のっぺらぼうの一種ともいわれる。「ぬっぺふほふ」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android