つけば料理(読み)つけばりょうり

日本大百科全書(ニッポニカ)「つけば料理」の解説

つけば料理
つけばりょうり

長野県上田市周辺の千曲(ちくま)川のほとりで行われるハヤウグイ)の料理。4月中旬から6月上旬にかけてのハヤの産卵期をねらい、独特の漁法でハヤを集め、投網(とあみ)でとる。この生きたハヤを、河畔の仮小屋で塩焼き、魚田(ぎょでん)、てんぷらなどに料理して食べさせる。毎年この時期に限られたハヤの即席料理で、料亭では味わえない野趣がある。近年は、初夏のつけば料理の小屋は、初秋の落ちアユ料理にも使われて、川魚の味を楽しむ野外ハウスになっている所が多い。

[堤 方子]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「つけば料理」の解説

つけば料理

長野県の郷土料理。千曲川で捕れたウグイ(ハヤ)を使った料理。「つけば」は「たねつけば(産卵場)」が由来。4月から6月頃に川沿いの仮小屋で、産卵のためつけばにきたウグイを捕り提供される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android