たたき(三和土)(読み)たたき

日本大百科全書(ニッポニカ) 「たたき(三和土)」の意味・わかりやすい解説

たたき(三和土)
たたき

たたき土(つち)(叩き土、敲き土、三和土(たたき))で仕上げた土間。たたき土は、花崗(かこう)岩、安山岩などの風化した可溶性ケイ酸に富む土で、消石灰と水を加えて練ると硬化する性質をもつ。本来たたきとは、このたたき土に約倍量の石灰を混ぜ、水や灰汁(あく)で練ったものを三寸(約9センチメートル)厚ぐらいに土間に塗り、たたき固めたもののこと。「漆食叩(しっくいたた)き」ともいう。今日では、たたき土はほとんどセメントモルタルかコンクリートにかわっている。

 また、石の表面をたたいて細かな跡をつける仕上げ方や、石を磨く場合の基礎工程、あるいは、コンクリートを打ち込む際、柱や壁の型枠の外から作業員が木槌(きづち)でたたく作業をさすこともある。

[中村 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「たたき(三和土)」の意味・わかりやすい解説

たたき(三和土)【たたき】

赤土適量の石灰,苦汁(にがり)を加えてよく練り,6〜9cmの厚さに敷きならしたたき固めた仕上げ。耐久力は低いが茶室農家土間に使用される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版 「たたき(三和土)」の意味・わかりやすい解説

たたき【たたき(三和土)】

風化した花コウ岩,安山岩などのケイ酸に富む土に,消石灰と水を加えて練り,硬化させた床仕上げ,およびその材をいう。仕上げのとき木片を使ってたたきしめることからこう呼ばれた。江戸時代に三河(三州たたきといわれる)や西日本で,住宅の土間や軒下舗装として使用され,一般化した。モルタル(にセメントと水を加えて練った硬化材)の普及とともに用いられなくなったが,モルタル金鏝(かなごて)仕上げの床を〈叩き(たたき)〉と呼ぶこともある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のたたき(三和土)の言及

【漆喰】より

…壁,天井に塗られ,瓦や煉瓦の目地などに用いられる。また,山土に消石灰とにがりを混ぜ,たたき締めて土間床をつくるものを〈叩(たた)き漆喰〉または〈たたき(三和土)〉という。漆喰は〈石灰〉の字音のなまった言葉といわれる。…

※「たたき(三和土)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android