こどもの国(読み)こどものくに

日本大百科全書(ニッポニカ)「こどもの国」の解説

こどもの国
こどものくに

神奈川県横浜市青葉区奈良町から東京都町田市三輪(みわ)町にわたる遊園地。継宮(つぐのみや)皇太子(現、明仁(あきひと)上皇)のご成婚記念に全国から集められた寄付金をもとに厚生省(現、厚生労働省)の管理で建設、1965年(昭和40)に開園した。多摩丘陵内に約100万平方メートルもの広大な敷地面積を誇る。丘陵地形や自然林を生かして、自由広場牧場プールスケート場、湖、児童公園、こども動物園、サイクリングコースなどがつくられ、レクリエーションと教養の増進に役だてようとしている。長津田駅から東急電鉄こどもの国線を利用するか、小田急電鉄鶴川駅からバスの便がある。

[浅香幸雄]

『池田邦二編『こどもの国三十年史』(1996・社会福祉法人こどもの国協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「こどもの国」の解説

こどもの国

神奈川県横浜市青葉区にあるレジャー施設。当時の皇太子明仁親王の成婚を記念して1965年5月5日のこどもの日にオープン。多摩丘陵に広がる約100haの敷地内に、牧場、ふれあい動物園芝生の広場、スケート場、プール、サッカー場、各種の屋外遊具などが整う。キャンプ場やバーベキュー場もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典・日本の観光資源「こどもの国」の解説

こどもの国

(神奈川県横浜市青葉区)
かながわ未来遺産100指定の観光名所。

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報

世界大百科事典 第2版「こどもの国」の解説

こどものくに【こどもの国】

児童のレクリエーションを目的とした園地。同名のものがいくつかあるが,著名なのは次の二つである。(1)神奈川県横浜市緑区と東京都町田市のにある〈こどもの国〉は,1965年皇太子御成婚記念事業として開園され,厚生省所管の特殊法人こどもの国協会が運営する。面積約90ha。多摩丘陵独特の地形やを生かして遊戯広場,牧場,キャンプ場,サイクリングロード,スケート場などの施設が備わっている。東急田園都市線長津田駅からこどもの国線が通じる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android